大会情報
“GO! GO! J-NET '05 〜STAYING ALIVE〜” 試合結果
●日時 11月6日(日)
●場所 後楽園ホール(水道橋)
この興行の模様はスカイ・A「J-KICK」にて録画中継あり!
第1回放映:2005年11月14日(月) 25:00〜26:30
第2回放映:2005年11月22日(火) 23:00〜24:30
試合結果
_■ 第11試合 メインイベント 58kg契約 5回戦

アトム 山田 
(WMAF世界フェザー級王者/武勇会館
/MA日本キックボクシング連盟) 

判定
1-0

 尾田 淳史
 (J-NETWORKフェザー級王者/アクティブJ
  /J-NETWORK)
松本50-48、センチャイ49-49、小川49-49
_■ 第10試合 J-NETWORK フライ級タイトルマッチ 5回戦

魂叶獅 
(J-NETWORKフライ級王者/はまっこムエタイ
/全日本キックボクシング連盟) 

判定
3-0

×  松尾 宗
 (J-NETWORKフライ級4位/POWER-X)
少50-49、センチャイ49-48、小川49-48
魂叶獅は初防衛に成功。
_■ 第9試合 J-NETWORK ヘビー級タイトルマッチ 5回戦

馬場 伸孝 
(J-NETWORKヘビー級1位/山木ジム
/ MA日本キックボクシング連盟) 

判定
2-1

×  天昇山
 (J-NETWORKヘビー級2位/キングジム
  /ニュージャパンキックボクシング連盟)
小川50-49、山中49-50、少50-49
馬場が新王者に認定。
_■ 第8試合 ライト級 サバイバルマッチ1

小宮 由紀博 
(J-NETWORKライト級1位/フォルティス渋谷) 

判定
3-0

×  ヤマダ・セイケイカン
 (タイ)
松本30-26、山中30-25、少30-24
1R 山田 肘打ちによるダウン。/3R ヤマダ パンチによりダウン。
_■ 第7試合 J-NETWORK 55kg契約 サバイバルマッチ1

割澤 誠 
(全日本バンダム級1位/AJジム
/全日本キックボクシング連盟) 

判定
2-0

×  古谷 繁明
 (J-NETWORKバンダム級7位/ソーチタラダ渋谷
  /J-NETWORK)
松本30-30、センチャイ30-29、山本30-29
_■ 第6試合 J-GIRLS フライ級 3回戦

グレイシャア 亜紀_
(J-NETWORKレディース級1位
/ソーチタラダ渋谷 /J-NETWORK )

判定
3-0

× _四十内 としえ
(青春塾/全日本キックボクシング連盟)
松本30-28、小川30-28、センチャイ30-28
_■ 第5試合 J-NETWORK 55kg契約 サバイバルマッチ1

龍鬼神 
(J-NETWORKバンダム級6位/アクティブJ) 

×

判定
0-2

 長崎 秀哉
 (ウィラサクレック・フェアテックス・ジム)
少30-30、センチャイ29-30、小川29-30
_■ 第4試合 J-NETWORK ライト級 3回戦

宿波 明 
(はまっこムエタイジム
/全日本キックボクシング連盟) 

判定
0-1

 ファイヤー原田
 (J-NETWORKライト級9位/レグルス池袋)
山中30-30、小川30-30、少29-30
_■ 第3試合 J-NETWORK フェザー級 3回戦

K祐 
(はまっこムエタイジム
/全日本キックボクシング連盟)

判定
0-0

 佐藤 政人
 (ソーチタラダ渋谷)
山中30-30、松本29-29、少29-29
_■ 第2試合 フレッシュマンファイト ウェルター級 3回戦

ISAO 
(ティダマンディ八王子)

判定
0-1

 入江 達郎
 (山木ジム/MA日本キックボクシング連盟)
山中29-30、松本30-30、センチャイ30-30
_■ 第1試合 フレッシュマンファイト ライト級 3回戦

田中 信二 
(ODJ)

判定
2-1

×  小林 純
 (レグルス池袋)
小川30-29、松本30-29、センチャイ29-30
<サバイバルマッチ>
3分3ラウンドで行われ、3ラウンド終了時ジャッジの集計がドローの場合延長戦を行う。
サバイバルマッチには1と2があり、サバイバルマッチ1は第4ラウンドが最終ラウンドとなり、この第4ラウンドの攻防を対象にどちらかに優勢点をつけるものとする。
サバイバルマッチ2は第4ラウンドが再度ドローだった場合、最終の第5ラウンドを行い、最終ラウンドの攻防を対象にどちらかに優勢点をつけるものとする。ヒジ打ちは有効とする。
 

このページのトップへ