“KICK SQUAD 6”<試合結果>
日時 2004年12月5日(日)
場所 ディファ有明
_■ 第13試合 メインイベント 63kg契約 5回戦
西山 誠人_
(J-NETライト級王者/アクティブ-J
5R 1'12"
KO
× _ムラッド・ティアルティ
(IMTFオランダ・スーパーライト級王者)
※ 倒れ際に西山選手の蹴りが入りKO
_■ 第12試合 セミファイナル 54kg契約 サバイバルマッチ1
牧 裕三_
(J-NETバンタム級王者/アクティブ-J
× 1R 2'08"
TKO
_辻 直樹
(元MAキックフライ級王者/山木ジム)
※ 牧がパンチでダウン、セコンドのタオル投入によるTKO
_■ 第11試合 67kg契約 サバイバルマッチ1
SHIN_
(J-NETウェルター級王者/アクティブ-J
× 判定
0-3
_金沢 久幸
(全日本ウエルター級2位/TEAM-1)
ジャッジ:白石(25-30)、松本(27-30)、関(26-28)
_■ 第10試合 62.5kg契約 サバイバルマッチ1
サバーイ宏二_
(J-NETライト級2位/サバーイ町田
× 2R 1'26"
KO
_山本 佑機
(MAキックライト級7位/橋本道場)
※ パンチによるKO(2Rサバーイにダウン1あり)
_■ 第9試合 バンタム級 サバイバルマッチ1
龍鬼神_
(J-NETバンタム級5位/アクティブ-J
判定
2-0
× _松下 ミツヤ
(M-FACTORY)
ジャッジ:山中(30-29)、少(30-29)、関(30-30)
_■ 第8試合 ヘビー級 サバイバルマッチ1
加瀬 大策_
(ARMS)
× 2R 1'18"
KO
_馬場 伸孝
(MAキック/山木ジム)
※ パンチによるKO(3ノックダウン)
_■ 第7試合 バンタム級 サバイバルマッチ1
中西 志東_
(J-NETフライ級3位/アクティブ-J
× 延長判定
1-2
_古谷 繁明
(J-NETバンタム級6位/ソーチタラダ渋谷)
本戦:1-0 白石(30-30)、松本(30-30)、関(30-28)
延長R:白石(10-9)、松本(9-10)、関(9-10)
_■ 第6試合 54kg契約 サバイバルマッチ1
村松 三之_
(J-NETバンタム級7位/レグルス池袋)
× 2R 2'31"
TKO
_KENT
(J-NETバンタム級4位/湘南格闘倶楽部)
※ 肘によるカットでドクターストップ
_■ 第5試合 68kg契約 サバイバルマッチ1
左 禅丸_
(J-NETウェルター級4位/レグルス池袋)
延長判定
2-1
× _山邊 英人
(MAキック/山木ジム)
本戦:山中(30-30)、石川(9-10)、関(10-9)
延長R:山中(10-9)、石川(9-10)、関(10-9)
_■ 第4試合 58kg契約 サバイバルマッチ1
黒田 アキヒロ_
(J-NETフェザー級3位/サバーイ町田
× 判定
0-3
_赤羽 秀一
(ウィラサクレックジム)
ジャッジ:白石(29-30)、小川(29-30)、関(29-30)
_■ 第3試合 ライト級 3回戦
藤原 王子_
(レグルス池袋)
判定
3-0
× _芳野 亮太
(MAキック/山木ジム)
ジャッジ:松本(30-28)、少(30-27)、関(30-28)
_■ 第2試合 ライト級 3回戦
小野 祥宏_
(ソーチタラダ渋谷)
ドロー _池谷 二郎
(谷山ジム)
ジャッジ:山中(30-30)、少(30-30)、松本(30-30)
_■ 第1試合 レディース 55.5kg契約 2分3回戦
成沢 紀予_
(ソーチタラダ渋谷)
判定
2-0
× _大沼 慶子
(シュートボクシング/シーザージム)
ジャッジ:山中(30-29)、少(30-29)、関(30-30)
_■ フレッシュマンファイト第2試合 フェザー級 3分3回戦
木村 敬明_
(レグルス池袋)
1R 1'46"
KO
× _下東 勇真
(ソーチタラダ渋谷)
※ ヒザによるKO(3ノックダウン)
_■ フレッシュマンファイト第1試合 フェザー級 3分3回戦
佐藤 政人_
(ソーチタラダ渋谷)
判定
3-0
× _原島 祐二
(MAキック/山木ジム)
ジャッジ:山中(30-26)、石川(30-27)、関(30-27)

<サバイバルマッチ>
3分3ラウンドで行われ、3ラウンド終了時ジャッジの集計がドローの場合、延長戦を行う。
サバイバルマッチには1と2があり、サバイバルマッチ1は第4ラウンドが最終ラウンドとなり、この第4ラウンドの攻防を対象に、どちらかに優勢点をつけるものとする。
サバイバルマッチ2は第4ラウンドが再度ドローだった場合、最終の第5ラウンドを行い、最終ラウンドの攻防を対象に、どちらかに優勢点をつけるものとする。ヒジ打ちは有効とする。

このページのトップへ


閉じる