“KICK SQUAD 3”
<試合結果>
日時 2004年5月30日(日)13:10〜
場所 ニューピアホール(浜松町)
_■ 第13試合 メインイベント 55.5kg契約 サバイバルマッチ
作戦だったという牧の肘打ちが勝敗を分けた。懐に飛び込みざま執拗に肘を打ち下す牧。実力者弘中も奇襲とも思えるその攻撃を防御し切れない。肘によるカットで出血を繰り返し、2Rドクターストップ。
「リングに上がるのがまだ怖い」という牧だが、気迫を漲らせ落ち着いた試合運びで、王者に相応しい内容だった。
牧 裕三 ○
(J-NETWORKバンタム級王者
ソーチタラダ)
2R 2'18"
TKO
× 弘中 史樹
(元NKBバンタム級3位
ウイラサクレック)
_■ 第12試合 セミファイナル フェザー級王座決定トーナメント決勝 3分5回戦
前半から積極的に攻撃するひでりんに対し、砂田はローキックで応戦。5Rを闘ってダメージの差は大きく、砂田に軍配。
この結果、砂田がフェザー級王者に。
砂田 将祈 ○
(J-NEWORKフェザー級1位/M-FACTRY)
判定
3-0
× 戦え!ひでりん。
(J-NETWORKフェザー級2位/バンゲリングベイ)
_■ 第11試合 ミドル級王座決定トーナメント準決勝 第2試合 サバイバルマッチ
終始、的確な攻撃を見せた山内が、藤倉を戦意喪失に追い込む。
2R、パンチによる2度目のダウン後レフェリーストップ。
この結果、次回のミドル級王座決定戦は、山内 vs 田中に決定!
山内 哲也 ○
(J-NETWORKミドル級2位/アクティブJ)
2R 0'23"
TKO
× 藤倉 悠作
(格闘結社 田中塾)
_■ 第10試合 ミドル級王座決定トーナメント準決勝 第1試合 サバイバルマッチ
決定打はスリップにも見えたが、火の玉ボーイ田中の圧力に、いまだ負けなしのママドゥは終始圧倒され、パンチ連打により1RKO負け。
ママドウ・サリュー・ジャロ ×
(J-NETWORKミドル級1位/サバーイ町田)
1R 2'54"
KO
田中 貴之
(ウィラサクレック)
_■ 第9試合 ヘビー級 サバイバルマッチ
プロ初参戦、富樫のいきなりのラッシュにも、長谷川は落ち着いていた。1Rに両者1ダウンという壮絶な撃ち合いの末、観客の期待通り延長戦へ。長谷川の元王者の意地がKOをもぎ取る。
長谷川 康也 ○
(J-NETWORKヘビー級2位/アクティブJ)
4R 1'37"
KO
× 富樫 龍一
(梁山泊)
_■ 第8試合 バンタム級 サバイバルマッチ
真後の粘りの前に大原は復帰戦を飾れず判定負け。
右ローの前にひと工夫欲しかった。
× 大原 清和
(J-NEWORKバンタム級1位/レグルス池袋)
判定0-3
真後 和彦
(全日本/はまっこムエタイ)
_■ 第7試合 ライト級 3分3回戦
小宮 由紀博
(J-NEWORKライト級4位
レグルス池袋)
判定2-0
× 加藤 啓明
(全日本/TEAM-1)
_■ 第6試合 バンタム級ランキング戦 3分3回戦
× 龍 鬼神
(アクティブJ)
判定0-2
関 健至
(元日本キック連盟4位/彰考館)
_■ 第5試合 フェザー級 3分3回戦
× 石川 朗
(アクティブJ)
判定0-3
夜桜 弘治
Team Yozakura
_■ 第4試合 フライ級 3分3回戦
× 佐野 貴宏
(JMTC)
3R 2'19" KO
北田 正人
(SKVアラビアジム)
_■ 第3試合 55kg 3分3回戦
× 村松 三之
(アクティブJ)
判定0-3
古谷 繁明
(ソーチタラダ)
_■ 第2試合 ウエルター級 3分3回戦
左 禅丸
(レグルス池袋)
1R 1'23" KO
× 内田 満弘
(彰考舘)
_■ 第1試合 フライ級 3分3回戦
小林 大樹
(アクティブJ)
判定2-0
× 高野 亮
(彰考舘)
_■ フレッシュマンファイト第2試合 ライト級 3分3回戦
× 竜吾
(アクティブJ)
判定0-3
皆川 顕
(サバーイ町田)
_■ フレッシュマンファイト第1試合 バンタム級 3分3回戦
× 藤枝 巧
(彰考館)
判定0-3
KENT
(湘南格闘クラブ)

<サバイバルマッチ>
3分3ラウンドで行われ、3ラウンド終了時ジャッジの集計がドローの場合延長戦を行う。
サバイバルマッチには1と2があり、サバイバルマッチ1は第4ラウンドが最終ラウンドとなり、この第4ラウンドの攻防を対象にどちらかに優勢点をつけるものとする。
サバイバルマッチ2は第4ラウンドが再度ドローだった場合、最終の第5ラウンドを行い、最終ラウンドの攻防を対象にどちらかに優勢点をつけるものとする。ヒジ打ちは有効とする。

このページのトップへ