J-NETWORK Presents

[ Kick Squad 1. ]

 8 Feb 2004
 GOLDS GYM South Tokyo ANNEX
 10. メインイベント J-NETWORK vs MAキック対抗戦 ヘビー級 サドンデスマッチ(3分3R+延長2R)
○長谷川 康也
×ケイタロー
(アクティブJ) (MA・習志野
判定 3-0(30-28, 30-27, 30-28)  第3ラウンド、長谷川選手はダウンを奪って、判定勝利!
 9.セミファイナル  60kg契約 3分5R
砂田 将祈
×夜桜 弘治
(m-factory) (team YOZAKURA)
判定 3-0(50-47, 50-49, 50-47)  夜桜選手は第一ラウンドにヒジで右まぶたをカットしてドクターチェックあり。砂田選手がパンチとヒジで終始攻勢で、判定勝利。

 8.J-NET フェザー級 王座決定トーナメント予選 ヒジなし 3分3R
× 武田 晃一 アクティブJ
山口 裕司 彰考舘
判定 3-0(29-30, 29-30, 30-30)  山口選手がJ−Netフェザー級王座トーナメント準決勝進出。
 7.J-NET フェザー級 王座決定トーナメント予選 ヒジなし 3分3R
黒田 哲宏 サバーイ町田
× 益子 智史 彰考舘
判定 3-0(30-30, 30-29, 30-29)  黒田選手がJ−Netフェザー級王座トーナメント準決勝進出。

 6. J-NET 全日本対抗戦 52.16kg(115ポンド)契約 3分3R
× 佐野 貴宏 JMTC
真後 和彦 全日本はまっこムエタイ
※2R 2:55 真後選手 ひざ蹴りでKO勝利
 5. J-NET MA対抗戦 バンタム級 3分3R
龍鬼神 アクティブJ
小暮 正祥 MA 土浦
※1-0(30-29, 30-30, 30-30) ドロー
  


 4. J-NET MA対抗戦 ウェルター級 3分3R
左 弾丸 レグルス池袋
綱島 容一 MA山木
※1-1(30-29, 29-30, 30-30) ドロー
 3. フェザー級 3分3R
× カルヴェロ ソーチタラダ
下東 勇真 サバーイ町田
※0-3(29-30, 28-30, 30-28) 下東選手の判定勝利
 2. バンタム級 3分3R
古谷 繁明 ソーチタラダ
× 平野 英之 アクティブJ
※3-0(29-28, 29-28, 30-28) 第一ラウンドにダウンを奪った古谷選手の判定勝利
 1. J-NET 全日本対抗戦 60kg契約 3分3R
竜吾 アクティブJ
× 讃井 浩二  全日本 はまっこムエタイ
※1R 1分17秒 これがデビュー戦の竜吾選手が、ハイキック1発でKO勝利!
(C)Active-J/J-NETWORK 2004